症例報告②


おはようございます!

ななみ整骨院グループ本鵠沼院の植田です。

 

本日も昨日来院された患者様の症例報告をさせていただきます!

スポーツ外傷です。

藤沢市の中学2年生 硬式野球でプレー中。

 

主症状としては成長期のスポーツ選手に多いオスグッド・シュラッター病でした。

よく耳にする「オスグッド」とはどういったものなのか。。。

→スポーツをする中高生に多く見られる、膝の脛骨という骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎です。

特に走ったり、飛んだりする競技で多く発症します。

大きな原因としては柔軟性の低下がです。

こちらの画像を見るとわかりやすいかと思います

↓↓

 

単純に筋肉が疲労して硬い状態で運動をしていると筋肉の付着部が引っ張られて炎症がおこるということです。

 

今回の場合ですとやや右膝の出っ張りがみて取れますね。

現在は炎症を落ち着いているのですがまたハードに動いたり、筋肉を硬いままにしておくと痛みが増強する可能性は十分にあります。

 

オスグッドの症状に関しては野球は一側性の動きが多いため軸足となる右足にバランスが偏り負担を大きくかけてしまっていたため手技に加えて姿勢を改善するために骨盤矯正も行っていきます!

骨格が歪んだままスポーツをすると潜在している能力が発揮できずにベストなパフォーマンスができないことが多くあるからです。

このように姿勢が悪いと体の様々なところに不具合が生じます。。。

 

ななみ整骨院本鵠沼院ではこのようなスポーツ外傷に力を入れています。

学生はこれから大会も多くなり練習量も増えてくることが予想されますので早めのケアを心がけてください!!!

 

<お知らせ>

次回の773DAYは17日が水曜日で休診となります。

よって5月18日 木曜日は773DAYとなります!

特典あり、スタンプラリーコンプリート目指して来院してください☆

☆求人募集☆

ななみ整骨グループ求人募集!!

国家試験が終わり就職先が決まっていない皆さま!ぜひ一度ななみ整骨院へ見学に来てみて下さい!!

いつでもお受けします!